スタッドレスタイヤの選び方

豆知識
スタッドレスタイヤへの履き替えの時期が今年もやって来ました。

それで今回は“新しくスタッドレスタイヤのご購入を”とお考えの方へ

スタッドレスタイヤの選択方法をご紹介致します。


▼スタッドレスタイヤの選択方法



スタッドレスタイヤをご購入する際に
何を基準にするかどうかを考えましょう。

それは価格・性能(雪上・氷上)・燃費等です。
降雪地方と年に数回しか雪が降らない地方では選び方も変わってきます。

例えば、一日中雪が降り路面が凍ることも多い豪雪地方では
雪上性能・氷上性能を優先したいので、北海道・東北地方での装着率の高い
ブリヂストンの“ブリザック VRX2”がおすすめとなります。





又、雪は降るが日中では溶けて朝晩路面が凍ることがあったり
坂道の多い地域、そしてスキー場などへよく行かれる方
におすすめするのが
ヨコハマの“アイスガード5プラス”です。






こちらは雪上性能はもちろん、氷上性能にも優れていて凍結した坂道でも路面をしっかり引っかき優れた効果を発揮します。
“5プラス”は価格面でもお買い得です。
ヨコハマタイヤの低燃費タイヤシリーズ“ブルーアース”の開発でも培った先進の燃費技術をスタッドレスタイヤにも応用し優れた燃費性能も特徴です。





雪は降るが積雪量が少なく日中が乾燥路面を走行することが多い地域の方には
ピレリの“アイス アシンメトリコ プラス”がおすすめとなります。





氷雪路面での性能はもちろん、ドライ路面などあらゆる路面でも
十分性能を発揮します。
価格においてもお求めやすい価格でとてもコストパフォーマンスの高い
商品であり、東海三県の平野部あたりでは特におすすめです。





▼スタッドレスタイヤのサイズ選び



スタッドレスタイヤを購入する際は、
その車の純正タイヤサイズにすることが基本です。

最近では、特別仕様車やディーラーオプションなどで
純正サイズより、インチアップしたサイズが装着されていることが多いです。
スタッドレスタイヤを選ぶ際には、こうしたオプションサイズではなく
純正サイズをベースに考えた方がいいでしょう。
オプションサイズの場合だと、一般道での機能性やスタイルを重視した設定なので、雪道走行に適したサイズとは言い難いからです。

雪道では、接地面の面圧を高めた方がグリップ性能を有効に得られることが
多いので場合によっては純正サイズよりも、インチダウンすることによって、価格面で安くなるというメリットもあります。
ただし、車種やモデルによっては、インチダウンしたタイヤ・ホイールを装着できないこともあるので注意が必要です。









不明なことがあればお気軽に店頭スタッフに相談してみてくださいね。
新着情報 一覧
豆知識
豆知識
豆知識

トップに戻る