2021年カレンダー特典ページ6月

ドリメのDREAM!!DRIVE!!キーワード『モザイクタイル』の回

 ↓↓↓↓↓ 2020年11月20日放送分はこちらから ↓↓↓↓↓ 多治見のモザイクミュージアムに行ってきたよ♪



『モザイクミュージアム』

モザイクミュージアムは、モザイクタイルの発祥の地で全国1の生産量を誇る多治見市笠原町にあります。
モザイクタイルとは、1センチくらいの小さなタイルのことをいいます。
建物は、独創的な建築で世界的な評価の高い建築家の藤森照信氏によって設計されました。
外観はタイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせるような不思議な印象をうけます。
内装に使用しているタイルは単調な壁や床を華やかにしてくれています。

ミュージアムにあるタイルは、自分たちの仕事に誇りと愛着をもつ地元の有志が、老朽化した建築物などの解体される情報を聞きつけタイルを譲り受けたり、閉鎖される工場からサンプルを引き取るなどして、収集されてきました。
ミュージアムでは、モザイクタイルを貼られた家庭の風呂桶などの生活用品、見本台紙やタイルの製造機械などもご覧いただけます。
また、観るだけでなく体験コーナーもあり、実際にタイルで小物などを作るコーナーもあり、子供から大人まで楽しめるミュージアムです。

『ご案内』

観覧料が必要です。(ミュージアムショップなど、無料の所もあります)
開館時間
9時~17時(ご入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌平日)
※年末年始:12/29~1/3の間休館。
★2020年8月時点で、土日祝日事前予約制になっています

トップに戻る